輸入ドア、輸入サッシなど格安輸入建材ショップの輸入建材ドットコム!

よくある質問

Q1. 輸入建材で建てられる輸入住宅は、性能が高いってほんとうですか?
A1. 輸入住宅の住み心地は、一言で言うと「冬あたたかく夏涼しい」。気密性・断熱性・遮音性・耐震性・耐久性・耐火性の高さは、2×4、2×6など壁式工法という輸入住宅そのものの構造から生み出されるものですが、高い性能を持つ輸入部材や建具を合わせて使うことで、いっそうの効果が期待できます。たとえば無垢材のドアや断熱材をはさんだドア、複層ガラス(2重または3重)などの性能の高いサッシなどがそうです。
Q2. 性能の高い輸入建材で、代表的なものを教えてください。
A2 ドアでは、無垢材のドアや断熱材をはさんだドアが高い断熱性、遮音性を発揮します。また熱の逃げやすい窓では、断熱性の高い複層ガラスが一般に使われますが、2重だけでなく3重ガラスなども普及しています。
Q3. 輸入建材には木がたくさん使われていますが、耐火性は大丈夫ですか?
A3. 輸入建材に使われている厚くて密度の高い木は、芯まで燃えにくく耐火性も高いつくりになっています。
Q4. 日本の気候・風土に、輸入建材は合いますか?
A4. 高温多湿の日本の気候に合わせた、正しい施工がなされていれば問題はありません。
Q4. 輸入建材の耐久性、メンテナンスはどうですか?
A4. きちんとした手入れを行なえば、それに見合う耐久性があります。輸入建材には、特に手入れをしなくても長持ちするものもありますが、ペンキの塗り替え、ワックスがけなどが必要な部材は、手間を惜しまないことが大切です。
Q5. 輸入建材は、健康に配慮されていますか?
A5. 輸入建材には、国産建材より自然素材を用いられることが多く、床材や建具には無垢材が使われるので、ホルムアルデヒドによる害は少ないと言われています。
Q6. 輸入建材の主な魅力は何ですか?
A6. デザインや種類が豊富で、高い性能を持っていることです。また無垢材を使っている部材が多いのも魅力です。
Q7. 日本の規制・規格に合わない、輸入建材はありますか?
A7. あります。屋根材や外壁材、窓やドアのような開口部の材料などは、建築場所により法律上一定の防火性能が要求されます。購入の際に、ご確認ください。
Q8. 輸入住宅ではありませんが、輸入建材や設備を使えますか?
A8. 可能ですが、寸法と施工について注意してください。輸入建材は、一般には海外のモジュールでつくられています。このため、日本の一般的規格とではサイズが合わない場合がありますので、事前の確認が必要です。また輸入建材は、その特性や取扱方法を理解した上での施工が必要です。窓を付ける場合の開口部の取り方や窓枠の固定の仕方、無垢材のフローリングの貼り方など、国産品とは異なるノウハウがあります。商品購入の際は、施工方法についてもよく検討することが大事です。
Q9. 輸入の水栓金具や電気用品は、そのまま使えますか?
A9. 安全性にかかわる部材として、「水道法」や「電気用品取締法」などの法規制があります。「輸入建材ドットコム」で取り扱う商品については、法規制をクリアしたものです。

上記以外でご質問のある方は、こちらまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ info@yunyukenzai-proshop.com
輸入建材ドットコムお客さま係

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。